トップ 伝えたい、聞きたい

伝えたい、聞きたい

平成23年度案件別事後評価 パッケージIII-6 フィリピン国、インドネシア国、ペルー国、セントビンセント国

長島 聡

JICAが行っている事後評価とは、プロジェクトの終了の3~5年後を目安に行われる評価のことです。通常、この事後評価は何件かの評価調査をパッケージにされてJICAから委託されます。本評価調査では、フィリピン国、インドネシア国、ペルー国、セントビンセント国で過去に行われたプロジェクトの評価をアイコンズで実施することとなりました。この「平成23年度案件別事後評価 パッケージIII-6」は、5つのうち4つが水産の案件の事後評価という珍しいパッケージで、水産が専門の私としてはとてもありがたい案件でした。私はそのうちのフィリピン国、ペルー国、セントビンセント国のプロジェクトの評価を行いました。

ペルーのタララ漁港の職員と通訳 ペルーのタララ漁港の職員と通訳

この事後評価の大変なところは、第三者評価ということで日程の手配について自分で組んでいかなければならないことです。今回訪問したフィリピン国、ペルー国、セントビンセント国は観光地ではないところも多い中、ガイドブックにも載っていないような場所の訪問計画を、地図やインターネットを頼りに、自分で宿探し、訪問先や車の手配等を行いました。
それでも、現地に行けば通訳や現地で対応してくれる職員達と仲良くなり、彼らの手伝いによって調査日程の調整はもとより、交通手段の手配や資料の催促まで手伝ってもらい、何とかなってしまうのがすごいところです。仲良くなった人達とは、夜にカラオケに行ったり、食事に行ったりと良い思い出となっています。誰も他に頼る手段がない国で、彼らの助けは本当にありがたいです。

フィリピンのロハス港の職員 フィリピンのロハス港の職員

実際の評価結果については、JICAのホームページに今後掲載されると思うので、そちらを確認してもらいたいのですが、プロジェクトの終了後5~10年経ってもまだしっかりと活用されている施設等を見ると、日本人としてとてもうれしく、また誇らしい気持ちになれるのが、事後評価の醍醐味です。また、使われていない施設からは、使われるためには何の要素が必要だったのかを自分なりに分析し、今後に生かす努力をしています。

一覧に戻る
  • 人材育成・研修
  • 採用情報

新着情報

2018年10月17日
“事業内容”に「2018年度案件別外部事後評価 III-4 (セネガル、ナイジェリア、ベナン)」を追加しました。
2018年10月17日
“事業内容”に「2018年度案件別外部事後評価 II-4 (モザンビーク)」を追加しました。
2018年10月17日
“事業内容”に「マダガスカル国 食と栄養改善プロジェクト詳細計画策定調査(評価分析)」を追加しました。
2018年03月30日
“事業内容”に「マレーシア日本国際工科院整備プロジェクト【円借款附帯プロジェクト】終了時評価調査(評価分析)」を追加しました。
2018年03月30日
“事業内容”に「ヴァラナシ市衛生改善プロジェクト詳細計画策定調査(評価分析)」を追加しました。
2018年03月30日
“事業内容”に「教育の質の向上支援プロジェクト 第二次詳細計画策定調査(評価分析)」を追加しました。
2018年03月30日
“事業内容”に「インドネシアにおける地熱発電の大幅促進を目指した蒸気スポット検出と持続的資源利用の技術開発プロジェクト中間レビュー及び高効率燃料電池と再生バイオガスを融合させた地域内エネルギー循環システムの構築プロジェクト中間レビュー(評価分析)」を追加しました。
2018年03月30日
“事業内容”に「サンタクルス県アグリビジネス強化プロジェクト詳細計画策定調査(評価分析)」を追加しました。
2018年03月30日
“事業内容”に「南部地域を対象とした産業クラスター機能強化プロジェクト詳細計画策定調査(評価分析)」を追加しました。
2017年11月09日
株式会社アイコンズは、2017年10月13日付で、品質マネジメントシステム規格である「ISO9001:2015」の認証を取得しました。 当社は今後も品質の高いサービスの提供に努めて参ります。
ページトップへ