トップ 伝えたい、聞きたい

伝えたい、聞きたい

被害者支援及びカウンセリングのための人身取引対策ホットライン運営強化プロジェクト

岩品 雅子



ベトナムでは、経済発展が進む一方で、地方と都市部での格差が拡大しており、国内外の人の移動が活発化するのに伴い、人身取引被害が深刻化しています。2006年から2015年までの人身取引の概要は、検挙件数1,253件、犯罪者数3,510人、被害者数合計3,186人(男性 920人、女性 2,266人)で、被害者数を男女別にみると、女性が圧倒的に多く、年間200~300人の間を推移しています。 これらの人身取引に係る犯罪に関しては詳細なケース(強制労働、売春、臓器売買)や国内外の区分は公表されていませんが、背景にある要因として、国内での就業機会の不足、詐欺的な海外労働斡旋、近隣国(主に中国)での男女比率の不均衡による国際結婚における詐欺、ジェンダー間の不平等な力関係による女性に対する暴力や搾取、人口の 86%を占めるキン族と少数民族との経済格差増大や都市部に偏在 した教育・技能訓練機会、SNS を巧みに活用した若い女性の誘拐等が指摘されています。 この状況に対し、国際協力機構(JICA)は、2012年~2016年まで実施されたフェーズ 1 に続き、「ベトナム国被害者支援及びカウンセリングのための人身取引対策ホッ トライン運営強化プロジェクト」を 2018 年 11 月に開始しました。

プロジェクトでは、先行案件であるフェーズ 1 で整備された人身取引対策ホットラインが 、ハノイ、ダナン、アンザンの 3 つの地域コールセンターとして全国の人身取引被 害者に継続的なサービスを提供できるよう、2021年11月までの3年間、支援します。

❖ プロジェクトのニュースレターは、こちらからご覧いただけます ❖ 

  日本語版   Vol.1   /  Vol.2   /  Vol.3

  英語版     Vol.1   /  Vol.2   /  Vol.3

  ベトナム語版  Vol.1   /  Vol.2


❖ 日本語、英語、ベトナム語のJICAプロジェクトページはこちらからご覧いただけます ❖

  日本語版      

  英語版      

  ベトナム語


❖ Facebookページはこちらからご覧いただけます ❖

  ホットライン111 (ベトナム語) 

一覧に戻る
  • 人材育成・研修
  • 採用情報

新着情報

2019年07月12日
「べトナム Anti-TIP」のニューズレター Vol.3 を発行しました。”プロジェクト紹介”のページから、ご覧いただけます。
2019年05月31日
「べトナム Anti-TIP」のニューズレターを発行しました。”プロジェクト紹介”のページから、ご覧いただけます。
2019年05月31日
”プロジェクト紹介”に「ベトナム国 被害者支援及びカウンセリングのための人身取引対策ホットライン運営強化プロジェクト(Anti-TIP)」を追加しました。
2019年04月01日
アイコンズは東京都の「TOKYO 働き方改革宣言企業制度」に参加しています。2018年3月に、働き方・休み方の改善にむけた「働き方改革宣言」を行いました。
2019年01月24日
“事業内容”に「ゴマ生産支援プロジェクト終了時評価調査(評価分析)」を追加しました。
2019年01月24日
“事業内容”に「被害者支援及びカウンセリングのための人身取引対策ホットライン運営強化プロジェクト(第一期)」を追加しました。
2018年12月14日
アイコンズは、2018年12月7日付で「えるぼし認定」を取得し、女性活躍推進に取り組む優良企業として認定されました。
2018年10月17日
“事業内容”に「2018年度案件別外部事後評価 III-4 (セネガル、ナイジェリア、ベナン)」を追加しました。
2018年10月17日
“事業内容”に「2018年度案件別外部事後評価 II-4 (モザンビーク)」を追加しました。
2018年10月17日
“事業内容”に「マダガスカル国 食と栄養改善プロジェクト詳細計画策定調査(評価分析)」を追加しました。
ページトップへ